前へ
次へ

そばかす治療としてできることとは

メラニン色素に反応するレーザーを照射することによってそばかす治療とすることができるようになります。
レーザーということになりますので肌に対する負担があるのかといえば待ってないわけではないので基本的にはメラニン色素を破壊する特殊な光になりますので、そんなに心配することはないです。
あるいはそばかす治療として一般的に用いられている内服役というのがあります。
これは端的に言うとビタミン剤のようなものであり内側から肌のターンオーバーを早めるような栄養素を入れていくということです。
こちらのほうが体に負担がないと思われているのですが、実際問題として別にレーザー照射であろうとそこまで強く肌に負担があるわけではありませんし、そもそも破壊するのはメラニン色素の意味がありますのでそれほど怖がることは何と言えるでしょう。
放っておいてもそばかすはターンオーバーによって改善することもありますが加齢などでなかなか再生力が落ちている場合などは治療という形で治した方が良いでしょう。

Page Top